2006年11月10日

株関連新着本

2年7ヵ月で66万円を3億円にした年利1000%を目指す!株短期売買法2年7ヵ月で66万円を3億円にした年利1000%を目指す!株短期売買法
相良 文昭
きこ書房 刊
発売日 2006-06-22




初級・中級者には難しいです。 2006-10-21
ひどい相場の中で大負けしないだけでも価値があります。でもデイトレードと同じで短期売買は難しかったです。理論と実践の差を埋めることができませんでした。相良さんの著作は瞬発力のある上級者向けだと思いました。上級者ならきっと大きく稼ぐことができるのでは。


さらに詳しい情報はコチラ≫





株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
中原 圭介
日本実業出版社 刊
発売日 2006-05-18




柔軟な姿勢 2006-09-15
著者は本著のなかで上昇相場、ボックス圏相場、下降相場、それぞれの特徴やそれぞれのトレンドの見分け方、そして、それぞれの相場での具体的な運用の方法を提示しています。

相場によって投資の対象、投資の方法を柔軟に変えていく手法はとても新鮮に感じました。

また、今後の展望や本著の補足説明が著者のブログで更新されているのも大変助かっています。


さらに詳しい情報はコチラ≫






ドクター田平の株「科学的」投資法ドクター田平の株「科学的」投資法
田平 雅哉
日本実業出版社 刊
発売日 2006-08-31




確かに、そのとおり。 2006-11-02
割安、成長株を選定し、テクニカルに売買する。私的には大変納得できる取り組みです。



今ではなく、数年先の状態を見越した上で、割安かどうかを判断する。 バリュー系の投資本を見ると式の意味はそうなのだが、ピンと来ていませんでした。



当たり前といえば当たり前なのですが、まともに説明されると、なるほどですね。



テクニカルでは、限られたツールしか書かれていません。実際に取引をされている方の発言であることが分かります。 ましてや、この著者のサイクルで投資をされているならなおさらですね。



銘柄分析対象の選定をアナリストにアウトソースするとは。。。拍子抜け半分、確かに有効な方法だなぁと納得するの半分です。



全体を通して、あくせくしないが、積極的な株式投資と感じました。


さらに詳しい情報はコチラ≫





50歳までに1億つくる 今日からはじめる割安・成長株投資の本50歳までに1億つくる 今日からはじめる割安・成長株投資の本
エンジュク
アスキー 刊
発売日 2006-09-15





さらに詳しい情報はコチラ≫






決戦!!中国株―北京五輪、上海万博、人民元高…好機沸騰で、超一億円!決戦!!中国株―北京五輪、上海万博、人民元高…好機沸騰で、超一億円!
阿部 享士
ベストセラーズ 刊
発売日 2006-10




4年前に・・・・ 2006-10-28
2年前に筆者の本を読んでいたのですが、ちょっと胡散臭い部分もあり

推薦銘柄は購入しませんでした。しかし今から見るとほとんどんで当たっているのではないかと思います。4年前に買って読んでおけばと悔やまれます。



素直に推薦銘柄を買えば・・・と思いながら、今回は彼の薦めの2つ銘柄を買いました。

(3つはすでに持っていたので安心しています(^^ゞ)



ただ鉄鋼関係の銘柄の評価の誤植のため星4つにしました。


さらに詳しい情報はコチラ≫






臆病者のための株入門臆病者のための株入門
橘 玲
文藝春秋 刊
発売日 2006-04




ああ毎日新聞 2006-11-03
とりあえず日本国憲法第1条を読んで、佐賀県知事の会見での、毎日新聞記者の動画を見てほしい。
それだけでいい。


さらに詳しい情報はコチラ≫






日本人が知らなかったベトナム株日本人が知らなかったベトナム株
福森 哲也 /鏑木 創
翔泳社 刊
発売日 2006-08-29




こんな楽しみ方もあるんだなあ 2006-10-29
日本の株では秒単位の取引がはやっていますが

こうやって発展途上の社会の株を買ってのんびり取引をするのも

いい名と思いました。開設までの手間はかかりそうですが・・・

ベトナムの株主総会楽しそうです

ベトナムが好きな人なら一押し


さらに詳しい情報はコチラ≫






1日5分で超カンタン!“株&日経225”システムトレードで大儲けする本1日5分で超カンタン!“株&日経225”システムトレードで大儲けする本
いちのみや あいこ
扶桑社 刊
発売日 2006-10




簡単にできる! 2006-11-02
 彼女のシステムトレードが簡単にできるというCD-ROm付の書籍であり、実際にこの本の発行者の担当の方がやったという点で面白い内容です。もちろん、システムトレードですから長期やり続けて儲かるかという問題がもっとも重要です。とすれば、この方法を長期にやってみて、その効力がどれくらいあるかということと、市場の変化などへの対応をすべきかという点の検証は今後の結果次第ということですね。



 どのようなシステムトレードもバックテストでうまくいったからといって、そうなるとは限らないのが世の常ですが、日経平均先物でやるということに関しては、個別銘柄ほどの流動性などの影響によるシミュレーションの結果などと大きくことなることはないのではと思います。ちょっとエクセルをいじって操作できる方にとっては、システムトレードの入門書として、最適ということでしょうか。


さらに詳しい情報はコチラ≫





中学生への授業をもとにした世界一簡単な「株」の本―「お金に困らない子」はこうして育つ!中学生への授業をもとにした世界一簡単な「株」の本―「お金に困らない子」はこうして育つ!
松本 大 /竹川 美奈子
マキノ出版 刊
発売日 2006-10




子どもに社会を教える材料になりました 2006-10-19
小学生の子どもを持つ親です。自分の子どもには、学校の授業だけでは足りない「社会」をもっとしってもらいたいと思っていました。この本は、「株」を通して、社会の動きを子どもに伝える材料が詰まっていました。株式会社の仕組みや会社の見方など、難しい言葉ではなく簡単にわかりやすく書いてあって、自分の子どもにも、この本を利用してうまく説明できそうです。

中学生が読むのにもわかりやすい本でしょうが、私のような親にもとても参考になる本でした。


さらに詳しい情報はコチラ≫






東大卒医師が教える科学的「株」投資術東大卒医師が教える科学的「株」投資術
KAPPA
秀和システム 刊
発売日 2006-08




筆者は物凄い勉強家! 2006-10-21
一読すると、筆者が半端でない数の書籍や論文を読んでおり、

エッセンスを生かして株式投資で実績を上げていることが

うかがえます。



一方、書籍としては、行動ファイナンスの要点などが紹介

されているほか、「個人投資家としてどうやれば勝てるか」

という視点で書かれているところが良いと思いました。

特に「マネー雑誌を読まない」「自分の得意な分野に投資しない」

「実際に足を運んで観察しない」という記述には思わず膝を

打ちました。



星を4つにしたのは、半分程度を占める「ファクターリターンの分析」

の部分が、ややデータの羅列的な感じで今一つと感じたからです。

実例を交えると、より説得力があったと思いますが、銘柄名を挙げて

推奨リストのように扱われることを避けたかったのでしょうか。


さらに詳しい情報はコチラ≫





『初心者〜本格派まで。これさえ読めば株はおまかせ!』
のトップページヘ

posted by 株子 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・ネット株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27165820

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。