2006年03月06日

資産運用の常識・非常識 |マーク クリッツマン

資産運用の常識・非常識資産運用の常識・非常識
マーク クリッツマン
日本経済新聞社 刊
発売日 2002-07



ファイナンス理論からみた7つのパズル 2004-12-16
 Mクリッツマンは資産運用の実務の世界に身をおきながら、これまでアカデミックな業績を数々発表をして来た極めて優れたアナリスト、ファンドマネージャーである。
 この本は、ファイナンス理論における6つの不可思議、パズルを、一つ一つ丁寧に解読したものである。たとえば、第3章の「長い期間にわたり投資をすることは本当にリスクを減らすのか(時間分散)?」とか、第4章の「期待リターンはなぜ予想できないのか?」は彼の長いファンドマネージャーとしての経験を、世に良くある経験則からの説明でなく、ファイナンスの理論からの深い洞察を交えて考察している。
 また、第6章の「オプション評価で期待リターンは無関係!」のように、やさしい四則演算のみで、ブラック=ショールズモデルの本質をつく説明であり、彼の面目躍如を示す箇所でもある。
 第1章の「Siegelのパラドックス」にみられるように、この本では、高度な数学や確率論を知らないと良く理解できないとおもわれたファイナンスの多くの問題を、資産運用の身近な問題をとおしてわからせている。
 これまでファイナンスや金融工学が分かったと思っている人も、また実務の世界で理論なんて、とおもっているすべての人が、読むべき、Mustの本である。
 なお、第7章の、時間価値やリスクについての算数を用いた説明も秀逸である。これだけでもこの本を読むべき(買うべき)価値があるし、本の最後の用語集も便利である。
  邦訳のタイトルは「資産運用の常識・非常識」であって、これだけみると、なにかハウツー本のような印象を与えるのが残念。原著の題名は「ファイナンスのパズル:実務の6つの問題とその解決策」とあり、ファイナンス理論の本質を直感的に、実務の問題にてらして、しかし、まったく難しい数学を使わずに、中学生レベルの算数で説明している。
  なお、訳者の坂口雄作さんは、クリッツマンと同様なキャリアを日本でつんできた、実務と学会の両方で活躍している人であり、この本の訳者としてまさに適役である。


さらに詳しい情報はコチラ≫





『初心者〜本格派まで。 これさえ読めば株はおまかせ!』
トップページへ戻る

posted by 株子 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資・資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今一番売れている投資ノウハウ情報はこれ!
Excerpt: 投資ノウハウ関連情報を集めています。投資信託・不動産・株式・FX為替・先物等の最先端の情報を拾います。まずは、
Weblog: 投資ノウハウセンター
Tracked: 2006-05-06 23:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。